意地悪な彼はホンモノじゃない

3 なりゆきの初デート

   

長めの前髪に、短い襟足。
隣に並ぶと身長は、つばさの思っていたよりも高くて、180はありそうだった。
顔はよく見ると、カッコいいというより可愛い系。
たまに見せる目つきの悪さが、逆に彼をシュっとしたいい男に見せる。

(うわあ… 何、この展開…)

今日、時間があるかと聞かれ、つばさが頷くと、片倉はすぐに行先を決め、電車内でつばさの手を取った。
(こんな、いきなり手をつなぐとか…あり得ないんだけど…)
握られた直後から、つばさの手が汗ばむ。

「片倉くん」
「うん?」
「この手、何なの?」
「ああ、付き合うんなら、フツーでしょ」
当たり前のようにそう言い、彼は優しい笑顔をつばさに向けた。

「私、付き合うとか、言ったっけ…?」
「OKしてくれたんじゃないの?」
「してないよ…!」
手を振りほどこうとして、つばさは力を入れる。
「してなかったっけ…?」
つばさの力に応えるように、片倉はギュっと握り返した。
それにドキドキして、つばさの目が泳いでしまう。
「えぇ…してなかった、と、思う、けど…」
(やだ、私、片倉のペースじゃん!)

少し離れたところにいる女子大生風が、つばさと片倉のやりとりを見てニヤニヤしていた。
つばさは電車のドアにもたれ、片倉の手を離す事を諦める。

「色々、聞きたい事があるんだけど」
「うん。オレも」
片倉は真っ直ぐつばさを見てくる。
その態度が余裕たっぷりで、やっぱりつばさにとって、彼の印象はあまり良くない。
(普通の女子だったら、ときめいているよね…)
つばさが今感じているドキドキは、それが片倉だからというわけではない。
ただひたすらに男子に不慣れで、至近距離に男がいるという事実がつばさを怯ませる。
負けないように、つばさも片倉を見上げた。

(まつ毛、なっが!肌きっれ!)
今日子も涼香もかなりカワイイ方で、そんな2人をいつも見ているつばさでも、片倉の美貌には驚いてしまう。
(これはモテるわ…)
しばし手をつないでいる事も忘れて、彼をじっと見た。

「何?何かついてる?」
つないでいない方の手で、片倉は自分の前髪を触る。
「ううん、何も…」
(ヤバ、ガン見過ぎちゃった…)
車内に目をやると、自分たちが注目されている事に気付く。
(とりあえず、降りてから話そう…)
仕方がないので、電車の外の景色に顔を向ける。
(何だか息苦しいなあ…)
電車が目的地へつく数分間、つばさはこの時間が早く過ぎてくれる事をただ願った。


片倉は、スマートだった。
テイクアウトができるオープンカフェのテラス席をサクっとキープし、つばさを座らせ、当たり前のように2人分のアイスコーヒーを買って持って来る。
「お金払うよ!」
「いいよ、初デートだし。好みが分かんないから適当に持ってきた」
つばさの前にミルクとガムシロを2つずつ置く動作まで、慣れていた。
(すごい、これぞモテ男の所作…!)
(おまけにこのカフェ、お洒落チョイス…すごいなあ…)
さっきからつばさは彼に感心してばかりだった。
お洒落な店に、片倉は全然負けていない。
それどころかこれから売り出すアイドルと言われても、頷けるキラキラな彼。


「あ、あのさ!」
ガムシロとミルクを1個ずつ入れて蓋を戻すと、つばさはやっと言った。
「友達から、っていうのはどう?」
片倉の事を全然知らないし、そのくらいから始めるのがベストなんじゃないかと思った。
しかしつばさの思惑に対し、片倉はバッサリ言い放った。

「やだね。ダメだよ、『彼女』じゃないと」

「………は?」
つばさは一瞬固まってしまう。
片倉は今日一番の優しい顔で、そしてそれ以上に優しい声で言った。
「ちゃんと、オレの彼女として、付き合って」

「………」
片倉の言い方があまりに素敵過ぎて、つばさはクラクラする。
(すごい、凄すぎるよ、イケメンパワー…)
数秒間、ついポーっとしてしまった。
(ハッ、いかんいかん)
つばさはアイスコーヒーをひと口飲む。
ゴクリと喉が鳴った。

「私、誰かと付き合った事がないから分からないんだけど、…こんな、なんか簡単に付き合っちゃうものなの?って言うか、いつも片倉ってこんな感じで女の子と簡単に付き合っちゃうの?」
「いや、こんな感じで付き合うのは初めてだよ」
落ち着いた声で、ニコっと片倉は笑う。
(よ、余裕過ぎ…)
自分の置かれている状況に、つばさは改めて気づき、焦る。
どう対応していいか分からなくて、ついキョロキョロしてしまう。
テラス席は歩道から一段上がっていて、歩行者と視線は合わない。

「オレ、誰かに『付き合って』って言ったの初めて」
「え、そ、そ、そうなの?」
片倉はモテるから、常に相手から告白されて付き合うというのは分かる。でもつばさが分からないのは、そんな彼が自分から『付き合って』と言った相手がよりによって自分だという事だ。

暑い日だったが、外の風は涼しい。
つばさの背中に汗がつたう。
「なんで、よりによって私なの?」
「いいじゃん、別に」
「別に、って…。なんか投げやりな感じ〜。だって別に片倉、私の事好きなわけじゃないじゃん。なのに付き合いたいって、すごい不審なんだけど」
「不審」
片倉は楽しそうに笑った。
そんな風に言われた事が無いのだろう。
綺麗な顔を崩すその笑顔を、つばさは初めて『いいな』と思った。

「いいじゃん、好きになっていけば」
「塾の話、聞いてたんでしょ?そんなに簡単に、そういう意味で好きになれないよ。付き合うって、友達と違う『好き』なんでしょ」
男子だって、友達として好きな子は沢山いた。
それでも恋愛として意識するような人はいなくて、そんな感情がどんなものか、つばさは分からなかった。
「あの時の梅田さんの話聞いて、オレも思ったんだけど」
「………」
「オレも、誰かの事…考えてみればそんなに好きって思った事って無いかもなって」
「え?そうなの?」
「なんか、感情が追い付かないうちに告られて、すごくいいなとか好きとか、思う前に付き合っちゃう事が多くて」
「ああ〜…そんな感じっぽいよね、あんたって」
片倉がそんな感じだという、その辺りはつばさにも想像できる。
「何かオレ、ぶっちゃけてるけど」
そこで彼はまた笑う。

「梅田さんとオレ、全然違うかも知れないけど似てる気もするし、まあ何より顔が好みだし、しゃべってみたら何か楽な子だし…。とにかく、今、オレ、梅田さんに嫌なトコ無いし」
「ええ〜…」
(嫌なトコ無いとか…すごい事言うなあ…)
男子にそんな風に言われた事は、もちろん無い。おまけにこんな美形に『顔が好み』だと言われて、つばさは自分がいたたまれなくなってくる。
(なんかスラスラこういう事言える片倉って、やっぱりすごい)
「私のこと、知れば知るほど、逆に印象が悪くなっていくかもよ」
(私なんか大した人間じゃないのに…)
つばさはため息が出る。
「あと、私の顔が好きとか、ちょっと片倉くんって変わってるよね。分かった、普段美形の自分見過ぎてて、私レベルの顔が新鮮に見えちゃうんだ、きっと」

「…可愛いけどね」

片倉は手を伸ばして、つばさの頬を触った。
反射的に、つばさはイスごと体を引いてしまう。

「ちょっと片倉!簡単に…触るの禁止!」
「なんで、彼女なのに」
「気持ちはまだ、全然『彼女』じゃないし!」
(うわ〜ん、コワイよ、片倉…)
思わずつばさは片倉を睨んだ。

「じゃあ、ちょっとずつ慣れような。とりあえず、オレの事苗字じゃなくって、名前で読んでよ、冬唯(とうい)って。オレも梅田の事、つばさって呼ぶから」
「うぅ………」
「そのぐらいからなら、いいだろ?」
「わ、…分かった…」
何だか片倉のペースにはまって、丸め込まれている気がした。


完全に暗くなる前に、片倉はつばさを家まで送って行った。
帰り道、つばさは当たり前のように再び彼に手を取られる。
こんな風に家まで送ってもらった事も、つばさにとっては初めての経験だった。
男子と2人で手を繋いで帰る事も、2人でお茶した事も、…今日、片倉と経験した全ての出来事が、つばさにとって初めてだった。
(なんか、すごい強引なんだけど…)
不思議と嫌じゃなかった。

その日、遅い時間に携帯が鳴った。
彼に言われるまま登録した、『冬唯』の文字が画面に映し出されるのを、不思議な気持ちでつばさは見つめた。


 
 

ラブで抱きしめよう
著作権は柚子熊にあります。全ての無断転載を固く禁じます。
Copyrightc 2005-2018YUZUKUMA all rights reserved.
アクセスカウンター